NEXT SEA

生活観や今までの仕事、日常でふと感じたこと等を気の向くままに書いていきます。

夏に便乗して痩せるチャンスを生かすには

スポンサードリンク

こんにちは!


気付けば今日で六月も始まってからいつの間にか一週間近く経過していましたね。


春の始まりの時も風の匂いが変わってきたなと感じましたが、

今朝仕事をしていた時も明け方の雰囲気がなんだか夏っぽいなと感じた朝でした。


また風の匂いが変化してきたということですね。


これで蝉が揃えば完璧です(笑)


さて、夏といえばジッとしていても汗がたらたらしてくる季節ですね。


普通にしていても多少汗が流れ出るのならばこの季節に便乗してしまおうというアイデアはありかと思います。


この時期に少しでも7月以降を動きやすくするようにどうしようか書いていきます。


f:id:kawabutanosato:20180607165030j:plain

イチロー並みにストレッチを頻繁にしてみては?


あの有名なイチロー選手のことですね。

アメリカで長く現役で活躍されていること自体凄いのですが、明らかに凄いのは殆ど怪我をしない事実、

そして、頻繁に怪我をしないように心掛けて実践している点です。

これが土台となってトレーニングや試合の継続の縁の下の力持ち的な要素となっています。

僕らが彼のような存在になることは不可能ですが、こうやって部分的に彼の実践している心掛けを学び生活の中に取り入れるということ自体は難しい事ではありません。

結果を出すことは大切ですが、トレーニング継続を支える怪我知らずの実態こそ特筆すべき事実です。

時に他人の目が気になるでしょうが、貴方のトレーニング継続を支えることになるのなら余計なプライドは捨ててやってみませんか?

継続もまた当たり前ではないのですから。


いつも動けるように心掛ける


トレーニングする際の行動力でしょうか。

人間、疲れやすくなると時間やお金があってもどうしても動かなくなります。

それに伴い、記憶力や気力も低下し今という瞬間すら粗末にしてしまいます。

その辺を散歩するとかでも良いのです。

可能であれば、ジムでの有酸素運動や筋トレがオススメですが、いつも自分が理由をつけて動こうとする意志があれば良いと思います。

すんなり動いていくことを自分の中で当たり前にしていくということですね。

今日から何かと理由つけて動きましょう!


徐々に体を慣らしてくれば、、、、、


この季節だと、サウナスーツを着込んで歩くか走るかもありです。

実際に学生時代にしたことがあります。

あとはこの季節なのにウインドブレーカーを着込んで走るとかですね。

難点は身動きがとれにくくなることですが、今後するトレーニングの選択肢として考えるのはありです。

「夏」という季節は、努力せずともどうしても体内の水分や塩分がかなり流れでる季節でもあります。

いわば、全ての環境がいきなりサウナになるようなものです。

いきなり痩せることはありませんが、すぐに体があたたまるという条件で動けるのならそれに越したことはありません。

この季節こそ、是非利用しましょう!


トレーニングする際の場所の確保


個人的にはある程度、人の目のあるジムがオススメです。

人の目があるので自ずと器具やマシンの使い方を考える。

注意力や判断力もどうしても身についてきます。

そして、何より安全です。

外だと車やバイクによる危険も確かにあるからですね。

ジムが無駄だという方もいらっしゃるかもしれませんが、これはもう個人の考え方なので。

安全性をお金で買うという考えになっていきます。

他の人のトレーニングや動きも何気に参考になり、自分の中の何らかの気付きやきっかけに結び付くことも珍しくないので選択肢には充分なりえます。

外でどうしてもトレーニングしたいのであれば、筋トレだと公演でしょうか。

ランニングだと、近所にあれば陸上競技場や大型の公園が選択肢になります。

陸上競技場の周りだと景色が色々変わりやすいので、トレーニングする際の飽きを防止するのにも役立つ筈です。

いずれにしろ、内外において場所を選ぶには「安全性」こそ最優先事項となります。



終わりに


今している仕事とジムでのトレーニングのおかげか体力がある程度ついてきました。


代謝も以前より上がり、心もなんだか落ち着いてきましたね。


動けない事自体、虚しさの原因でした。


好きなモノ食べてますが、体重もそんなに変化せず(笑)


ただ、欲を言えばあと4kgは落としたいのです。


かつて買った茶色のズボンをすんなり履くためにもどうしても突破しなければならないハードルなので。


他ならぬ自分自身のためであります。


僕も今の季節や環境を利用してより絞って動きやすくする次第です。

top

スポンサードリンク