NEXT SEA

生活観や今までの仕事、日常でふと感じたこと等を気の向くままに書いていきます。

過去

自分のトレーニングの目指す先に待ち受けるモノとは、、、、

なんでしょう? 何も期待していないし、何も求めていません。無の境地です。 しいて言うなら、二年前に船から自由の身になった時に体力がない肥満で多少お金があったのに、自分の幸福度がひどく低かったのでもうそうならないように生きたいという考えでしょう…

僕は痩せることを煽らないけど、肥満の方がリスクが高いと伝えるよ

この記事で、自分が書いた長文だけを見ると遂に100記事目になりました。 遂に三桁目です。 僕は二年前の3月末に下船してそのまま退職することになったのだけど、その時から運動不足と船内の糖質の多い食事、体力のなさから随分と困った時間の流れを過ごして…

自分に幸せになる許可を出せる人生を

今週のお題「あの人へラブレター」 ラブレターというか、厳密には激励でしょうか(笑) あと、振り返り。 とある人への。自分は過去を見つめてばかりの人間なんだなと(笑)後ろ向きですねw 今日はタイムリーな記事も見つけたのでそれも絡めて書いていけたらと思…

会社より学校や部活をやめる考えを持とう(対象は中高生)

昨年と今年の春も恒例の会社をすぐに辞めるように書いているブロガーさんをちらほら見かけますが、会社の場合、お金や生活費が絡んでくるので気安く辞めるもんじゃないですね。 (しかも、 ろくに働いた経験がないのに書いている人もいるようなのでそりゃ無…

学生時代にぜひやっておきたいこと(男性編)

この時期、大学生だと時間が有り余っている人の方が多いかと思います。 理系だとそうはいかないのかな? 僕がしてきたこと、現在していること、やれば良かったことと絡めて書いていけたらと思います。 これから書いていくことと、自分が更に試行錯誤していく…

自分自身におしゃれをする許可を出そう

オシャレをすると言っても意味も分からずに華美な恰好で日々過ごすという事を想定しているわけではありません。 着たい服を着るだの、履きたい靴を履くだのそんなことでも良いのです。 寧ろ、こういう単純な事すら実は重要だったりします! ただ、今まで関わ…

食べなくてよい量を削る勇気

気付けばゴールデンウィークに突入していましたね。 僕はそんなの関係なしに仕事ありますけど(笑) 場所と雰囲気に飽きる性分でして、仕事に行くことも精神安定の一環になっております(笑) 最近、ほんの僅かな変化なのですが、アイスと菓子パンやめました。 …

転機の記憶

転機ときくと、僕の場合は季節ではいつも春を考えます。 春は出会いの季節であると同時に別れの季節、始まりと終わりの季節でもあります。 転機も何処かで何かの始まりがあるからこそ発生しうるモノなので案外、時期としては春が適切なのかもしれません。 最…

敗退した自分から、新社会人の皆様へ伝えたいコト(其の二)

いつも思うのだけど、こういう記事は一体誰のために書いているんだろう? 基本的にまだ見ぬ訪問者様へ書いているというのはあるのだけど、ただ書かずにはいられないという感じだと思います。 結果的に誰かの役に立つ、何らかの前向きなきっかけになれたらとか…

下げるべきは、謎のプライドと体脂肪率、そして血圧

いや~、今日も花粉酷いですね!悪魔の粉だ。 大阪市なんてもう花粉と中途半端な寒さのダブルパンチでバイオハザードのラクーンシティーみたいなことになってますよ。 もう鼻呼吸は封印され、お腹の調子は悪い、目が痛いのと痒い感覚が同時にきて非常に微妙な…

ニートの走り方(其の二)

2016の4月から昨年の5月中旬迄ニート生活を送っていたのですが、今振り返ってみても失敗した当時の過ごし方や自分とは何だったのだろうか?という想いで思うところがあったので、備忘録兼、対策やらを書いていけたらと思います。 基本的にニートと言われる立…

便利なように設計されているヒトの腹八分目

この記事を書いている今はもう30歳を超えて食べ放題等で中高生達の様に食べる事なんて出来ないのですが、どうも人は歳を取るとそのようになるように神様に体が設計されている感じがします。 確かにチャーシュー麺だとか焼き肉(特に国産)だとか、鰻、河豚と…

かつて、ブログをすすめたかった一人の女性がいた

今までさりげなくブログを書くことを誰かに伝えてきた。 多少の収益がその人なら発生して生活が楽になるだとか、人生の充実度が上がるんじゃないかとか伝えたと思う。 あとは、君の仕事や人生の背景が面白いから言語化して欲しいな!とかの希望だったと思う。…

僕の過ごした、2011年3月11日を振り返る

僕は、2011年3月11日は何をしていたかというと、9日に見習い三等航海士として愛知県の知多半島にある、LNGバースから乗船し、荷役が終了次第、その日は出航しひたすらそのLNG船はマラッカ海峡を目指し南西へ向けて航走していました。 9日は荷物の整理、船内…

物事は、覚えようとすると覚えられない事実

物事を覚えようとすると、逆に覚えられないのではないかと大学までの教育機関と社会人として働きだした時を通して感じていました。 こうやって言語化したのは割と最近のことですが、頭の何処かでそうではないのか?と自分に問いかけていたのだと思います。 何…

21世紀のキレるお年寄り達 その一

さて、貴方はお年寄りと聞くと何を思い浮かべますか? 僕は現段階だと、結構ヤバい存在なのかな?とすら感じています。 なんとなくではありません。 今の職場を含めての仕事場、自分の両親、駅のや列車内での彼らの振る舞い等を今まで見てきて、ほぼ確信に近い…

意外と時間ってないんだなーと(でも、時間は誰に対しても平等です)

22日から自分が仕事をしていた場所から少し移動して仕事が始まりました。 その前の21日は丸ごと、お休みをいただいたのですが、やはり意外と時間ってないんかなーと結構強く感じましたね。 今の仕事の時間帯と自分の体力との兼ね合いを考えると、結構、時間…

シーシェパードやグリーンピースとやりあってみたかった2009の春 (捕鯨船社に入社しそうになりました)

水産や船と縁のある環境で数年過ごし、進路をいよいよ決めるという時期に時間があったので、多少気になっていた東京都内の某捕鯨船社へ会社訪問に行った過去があります。 その日は晴れていました。たしか、そのオフィス近くの食堂でマグロの刺身定食を食べた…

レーシック、最後の決め手は一か八だった

レーシック、、、、、時々誰かに話すと費用が高いだの、怖いだのとほぼどちらかの返事が返ってきます。まあ、無理もないです。大金を投入したとして、しかも余計に視力が低下するか、その他のまだ見ぬ不具合と遭遇するかと未来が読めないので。 ただ、自分が…

奨学金を完全に消した、2013の秋

奨学金、、、、、借りていても脳内に記憶がこびりついているとうざいですよね。 借りておいてその言い方もなんですけど、金額が多くて実生活に影を落としていると誰でもそうなります。 今回は借りた奨学金と自分の思う所も書いていけたらと思います。 多分、…

モノの扱い方で、その人のことが結構見えてくるのは本当です

二日前ほどから気温が徐々に上がってきていい感じです。 心の中の元気具合が見事に気温と一致しているかのようです(笑) このまま四月まで気温が良い感じだと良いのですが。 寒いのやだな。 さて、ここ数年の間に見ようと思わなくても見てしまう内容も色々と…

船員(船乗り)ほど病と怪我に気を付けるべき実情

僕はかつて外航、内航と乗船してきまして経歴というかルートとしてはまあおかしな形で歩んで今に至ります。 船員の生活の中で、特に若い方達はあっちの方もお盛んな方は一定数居てます。 ってか、もう酷い時は酷いです。 凄まじいというか、なんというか、い…

家族と同居するリスク、対応策

実家住まいだと家賃が節約できるだの、炊事や洗濯をしてもらえるだのと色々言われていますが、僕の場合、あまり両親と暮らしていてそれらのメリットをメリットだと認識していません。 確かにメリットではあるんでしょうけど、それらメリットとされているモノ…

航海士を目指す人が中高時代に勉強しておいた方が良い内容

中高生向けに色々書きたいなーと考えることもありますが、まず中高生の段階でだらだらネットするのも望ましくありません。 ただ、自分が大学生活を送ってきた中で、船内で働いて感じてきたことで何か書けたらと思い書いてみます。 大学生になっていきなりさ…

ニートの走り方

2016の三月末に実はとある事件というか事故というか、職場でごたごたがあり怪我をしながら撤退させて頂き、昨年2017の5月下旬まで今風でいう「ニート」というのをやっていました。 以前の仕事が心身共にあまりにもしんどかったのと、疲れが取れない、肥満体…

予備校(大学受験用)の選び方

僕は一年だけとある予備校に通って、その年の八月下旬にその予備校が邪魔になってきたので、思い切ってやめて宅浪しながら、あまり難しくない田舎の地方国立大学へ進学しました。(よく入れたな。) その年は勉強そのものより、家族や予備校との関わりで相当…

僕が卒業してから気付いた「学校」のこと

特に思うところがあるのが中高時代、特に高校時代ですね。 スポーツがさかんの田舎の非進学校だったのですが、色々考え始めたのが実は「浪人時代」に突入した時なのです。 卒業した後に何か自分に残っていたのかなと今でも疑問に思うので今回記事にして書い…

田舎から飛び出そう! 不便さは大敵!

※この記事は過去の自分にも向けて書いています。 僕は小学校五年生から高校卒業迄と大学生活をとある中国地方の田舎で過ごしてきましたが、今振り返ると、よく10年近くもそこで暮らしてこれたなと今でも思います。 この記事を書いている今では大阪市近くの割…

「嫌な気持ちになるモノ」と関わることで出てくる弊害の実情とは

僕自身のお話をしますが、勉強や仕事の記憶力は残念ながら良くないです。 ただ、ネガティブな内容の出来事は恐ろしいほど記憶力が良いのです。 理由は分かりません。 それほどインパクトがあるからなのでしょうか? 下手をするとその出来事の日付や時間帯まで…

このブログに訪問して下さる皆様へ

2018が始まり、まもなく最初の月が終わろうとしているのですが、実は昨年の秋辺りまで同じ「はてなブログ」でブログを書いていました。 色々と都合が悪くなり(ちょっとヤバい人に見つかって)前の環境を放棄し、心機一転も兼ねて今年の一月から気紛れでTwit…

top

スポンサードリンク