NEXT SEA

生活観や今までの仕事、日常でふと感じたこと等を気の向くままに書いていきます。

多くの事は自分でやった方が早いです

スポンサードリンク

つい先ほど、中掃除をしていました。(大掃除よりは少ないという意味です。)


体力と時間を一致させることが難しい生活習慣の中、以前からさっさとしておきたかった部屋やトイレ、洗面所の掃除をしておきたかったのです。


僕の住んでいる所は中途半端なシェアハウス的な所なのですが、

まあ、色々酷い所もあります(笑)


うさぎさん程、大変な思いはしていないと思いますが、

ゴミをまき散らしたり変な張り紙をしている人も近くに居てるだけに色々厄介ですね。


f:id:kawabutanosato:20180509133238j:plain

共通の場所ほど厄介な所はないです


トイレ、洗面所、台所なのですが、前者二つを今日はササッとやりました(笑)

以前からやってしまいたかったのですが、

しんどかったりしてやりませんでした。

今日は運が良かったのでしょう(笑)

仕事中にどこを片付けるとかたまにイメージしていたのですが、仕事の集中力が散ることもあり出来て良かったです。

共通の場所というと、担当者不在の仕事のお話が出てきます。

このことはプライベートでもオフィスでも、ホワイトカラー、ブルーカラー関係なく絡む以外に厄介な点ですね。

担当者不在の仕事は、その内担当者が決まるということで僕になりました(笑)

たまに何食わぬ顔で当たり前に使って、普通に汚しているおっさんとか見てると本当に腹が立ちます(笑)

今までの人生でこの人、何を見て生きてきたのかなー?なんて。

職場でもこうなのだろうなと思うとなんだかやるせないですね。



よく汚い環境だと運気が下がるという言い方をしますけども、

運気を更に具体的に言うと金運、体力、気力が下がるから運気が下がるということでしょうか?

体を壊す、気持ちが落ち着かないとかですね。

これが、汚い環境だと運気が下がるという内容の正体です!!

いきなり年収は上がりませんが、おかしなストレスや通院による支出は防げる筈ですよ。


知ろうとしない、気付こうとしないは罪です


とはいえ、僕自身も思いっきりブーメランですが、

これ結構厄介だし、悟られると仕事でも悪影響を及ぼします。

今回は掃除のお話ですけど、かなり致命的に汚れたりマズかったりしたんですね。

それで何食わぬ顔で使って、日々生活しているのもすごいなーと。

誰かの顔色見て考えるのも大切です。

この人、今体調悪そうだなとか忙しくてヤバそうだからあまり今は話しかけない方がいいなとか気付こうとするというより、

察しようとする姿勢も大切だなと。

まあ、こういうところに居てる僕も彼らとある意味同類なのかなと思いますけども、

汚いモノは見ても、早めに気付いていつもどうしようかなとか、

なるべく綺麗なモノを沢山見る習慣は大切にしたいですね。

あまりに汚いモノを見てしまうと無意識にそれに価値観が慣れてしまい、徐々にそれに近付く筈です。

こういう形で今後も気を付けて、汚いモノには抵抗していきたいですね。

僕の持論ですが、人間は皆、正直で且つ、きれいなモノを見て心が潤い洗われる生き物だと信じています(笑)


別に誰にも期待していない


これは職場でもプライベートでもそうですね。

今、こうして文章化していますが、こういう考え方をしているためか他の人達より怒りは沸きません。

誰かにお金を渡したり、自分の時間と労力を使って何か教えた時は期待というモノをするかもしれませんが。

期待しない事自体、自分のメンタルを正常に維持する一つの手段かと思います。

勿論、公ではこういうことは言いませんが。

何かと角が立ちますからね(笑)

まあ、期待するのも一つのエゴのような気もするので、

出来る限りのことを自分でやる、天命を待てるまで人事を尽くすしかないです。

天命とはウルトラマンなのかもしれませんが。


自分の意志で動くと強いです


そりゃ強いです。

今日は汚い仕事でしたけども、やらされているんじゃなくて自発的にやったので。

自分がさっさとやったら早い、汚いのが嫌だ、直ぐに瞬間的にモノが見つかる環境を作り上げたいと、

居住区の最適化をいつもいつも願っていました。


自発的な動きに関する考え方は、こういう考え方は堀江貴文さんの本によく書かれていますね。


自分で思い、考えて、判断した方が徹夜だろうが、ハードワークだろうがやらされるより持ちこたえる時間が長くなりますし、

知的好奇心も溢れてきますから!

受験勉強だってそうです。

下ネタの内容だってそうですし、ナンパだってそうです。

抽象的な面ではまるで共通してるなーなんて今書いていて感じましたね(笑)


終わりに


さっさと脳の片隅にある、やらなくてはいけない事は片付けた方が良いですね。

いつまでも脳の片隅にあると、今していることの集中力を妨げます。

ノートにメモして後で手をつけるという形もありますが、

いつも良い状態で生活するにはさっさと何かをこなすという姿勢が良いかもしれませんね。




僕の父親の名言の一つを最後に書いておきます!
すぐやる

すてる

丁寧に


三つ合わせて「テニス」です。「す」が二つあるので、ニスとなります(笑)

で、出来上がったのが「テニス」です。

top

スポンサードリンク