NEXT SEA

生活観や今までの仕事、日常でふと感じたこと等を気の向くままに書いていきます。

ロシアの仮想通貨ブロガー変死の件で思うこと

スポンサードリンク

coinparty.jp
恐れていたことが遂に現実になってしまった。


とりあえず、日本ではないのだけども。


というより、遅かれ早かれこういう事件が発生する気もしていました。


何故か?


そりゃ、見た目は仮想通貨で儲かったということなのですけども、

本人の下に大量のお金が集まってくるということで過去にあった宝くじ殺人やらと何ら変わらないからです。


ただでさえ、今の時代だと世界中の経済が大変なことになっているし、

日々、メンタルが不安定でお金がなくて獣のような目をして生きている人間が多いので当然といえば当然なんですね。


本人は生前、仮想通貨で儲かった時にオンライン上で自慢してしまっています。


それがまずかったんでしょうね。


どこまで本人の素性や居場所等を特定出来る情報を晒していたか分かりませんが、結構本気になって敵がリサーチすれば、

容易いということなのでしょう。


運か彼の実力、嗅覚が仮想通貨で儲けた要素なのでしょうけど、

こういう危機に関して考えられなかったのが敗因でしたね。


たまたま今回、被害に遭ったのはロシアの彼だったわけですが、この事は実はインターネット上でお金を得ている人達多くに当てはまることでもあります。


自衛も出来るならしないといけないということですね。


自分で解決出来ないなら、web上で公開しない。


ネットで公開すると、後悔することになるかもしれません。


f:id:kawabutanosato:20180505061906j:plain

お金のある所に人は集まってくる


当然です。

東京や大阪に日本各地の田舎から人が集まってくるのもこれですし、外人もちらほら来てコンビニやすきやで働いてます。

バックパッカーもいてるけど。

ネット上でブログでも仮想通貨でも収益、特に良い知らせほど公開すべきではないのは、

お金に関して考え続けている人が自然と集まってくるからという訳ですが、

更にその中にお金に困っている人、招かれざるお客様まで含んでしまっているという点ですね。

そう、物騒な方達です。

宝くじでも当選すると何処で聞きつけたか銀行員がいきなり訪ねてきたり、

謎の親戚や友人が一時的に増加することだってあるでしょう?

それと同じです。

当然、自分が弱いただの肉だけある食用動物のような存在であれば食い物にされる可能性だってあります。

現に普通のとある不動産会社の年老いた社長さんだって、〇〇〇の人達に秘密裏に埋められて会社を乗っ取られてしまった事件だってありました。

普通にカタギに手を出しているんですよ。
船員時代にも皆、お金がある事を知っているので同じ乗組員の中の〇〇〇の人がたかってきたりとか結構迷惑でしたね。

むやみやたらにお金がある、裕福だと知られないのは防御の基本の一つですよ。


世界中に自分の得や幸せを伝えないように


何かメリットでもあるんですかね?

今流行りの承認欲求でしょうか??

shijinblog.hatenablog.com
blog.sea-of-revival.com

下手に公開したところで、大した収入や信用にも繋がらないと思うので今考えている人はやめましょう。

更に実名顔出しだとデメリットになる人の方が多いです。

若ければ若い程、後々の人生において色々な形で影響してくるのでやめておいた方が無難ですよ。

犯罪を犯しているけれど、逮捕や起訴されていないだけで普通に家庭を築いている人を僕は知っているし、

何食わぬ顔で頻繁にインターネット上で活動している人も知っています。

同級生でサイコパスの詐欺師のような奴も一人いて、彼は人間性が変わらぬまま今では家庭を持ってしまっています。

記事冒頭の彼はもしかすると、公開しないでひっそりと生活していればまだ生きていたのかもしれません。



お金に関しては「秘密」が多少残る方が良いんです。

だって、人間、謎とか秘密とか抱えている人の方がなんだか魅力的でしょう?

こんな考え方だってあるかと思うのです。


今回の事件から模倣犯が出てこないか心配


厳密にいうと、そのままの模倣犯というよりニュースを見てから色々と変な事を考える人が出てこないか懸念しています。

別にアフィリエイターやブロガーが収益報告しているからお金だけ奪おうとかいうんじゃなくて、

その配信者や公開者が家や周囲の環境、部屋等を公開した時に乗り込んでくることがあるので。

以前、にこにこ動画でもあったと思います。

あまりにも情報を公開したところでうまみは実はないんですね。

やっぱ防御って大事ですわ。


お金がないふり、貧乏なふりをするのも一考


あまりにも汚い恰好をするのがいいというわけではないですが、

いかにも私、金持ちデース!なんてのが多分良くないです。

結構細かく見ているとやっぱりお金を持っている人にたかってくる人意外にいますよ。

学生、社会人関係なく。

例外なく嫌らしい人達ばかりでした。

見方に寄りますが、犯罪者予備軍ともとれます。

本人の目つきも行動も、考え方も嫌らしい。

そういう人達を寄せ付けない為にも、あまりリッチなようにしない。あくまで質素に。

渡る世間は確かに鬼ばかりなんです。




※余談ですが、僕の親戚の叔父さんは外出する際に地味な服装で出掛けると同時に財布には盗まれていいように7,000円しか入れていないそうです。

自分がいつ襲撃されても良いようにとのことです。

ただ、彼の住んでいる所はど田舎なんですが(笑)

大阪ほど激しくはない筈です。

top

スポンサードリンク