NEXT SEA

生活観や今までの仕事、日常でふと感じたこと等を気の向くままに書いていきます。

手元に一億あっても、掃除は外注しないと思う

スポンサードリンク

2007年頃にタクシーで東京の港内を移動している時に運転手さんのシート裏に書かれていた記事が今でも記憶に残っています。


夫婦合わせて年収が1,000万円を超えたら、

掃除を外注しましょうという内容だったと記憶しています。


当時はそのまんま頭の中で受け入れていました。


確かに外注した方が楽というか、早い、富裕層からしたら安いと考えることが出来るので。


そう考えて今の時代に至ります。



何で今、掃除のことを書きだしたか?


この記事を書いている今の少し前までに色々自分で掃除していて思うところがあったからです。


今、手元に大金があっても外注しない方がいいかな~と。

f:id:kawabutanosato:20180403142502j:plain

自分が掃除したい箇所と力の入れ具合は、自分にしか分からないから


特に水回りは気にします。

洗面所、トイレとお風呂が挙げられます。

考える基準としては、とにかく汚れを落とす。

自分の中の「何か嫌だな」という感覚を見逃さないで、動ける時にやるというスタイルです。

カビキラーを開始する少し前に撒いて、仕込みをすることもあります。

やり始めたら取れる限りの汚れを取り、ひたすら床やトイレ、シンク等の本来の色を目指します。

それが基準軸です。

体力があり、手や指を怪我していない時が望ましいです。

細かい点は個人の行動の好みがあるので、自分の内なる声に従ってしていけば良いと思います。

答えは数学みたいに一つに決まっていないです。

掃除の後に見通しが良いなーなんて感じることが出来たらそれでいいのです。

こういう感覚を得るのに外注するのは詳細に伝えること自体、困難なので自分でする方が良いと考えています。


よほど儲けていて、身動き取れないなら外注するのもあり


決して外注してはいけないとも思いません。

僕自身、疲労や病気、怪我などで身動き取れないことも意外に多いので。

ただ、此方の望む箇所や内容、力の入れ具合は誰かに頼んでクリアできるのかな?なんて感じているので外注しない姿勢であるだけです。

その内、僕の考え方も変化するかもしれません。

したいと思えばすればいいし、お金を使いたくないと思えば使わずに自分でやる。

自分でしている内に勘や何か閃く副産物もごくたまにあることは付け足しておきますね!


トイレ掃除をすると年収が上がるんですか?


突然上がるわけないです(笑)

ただ、あまりに居住区が汚れているとトータルで見て、運気が下がるというのは本当です。

運気を更に分解していくと、

汚れがまずい、ゴミが散乱している現状から病気や不愉快指数の上昇(ストレス溜まるとか)、怪我、仕事や勉強のミスと具体的な問題が発生してきます。

こういう点から体力や金運、気力が削がれていく事から運気が低下するということです。

運気という言葉だけで言われるとなんだかピンとこないですよね。

自分の目で生活環境を眺めてみて、

一目で大まかにどうなっているか理解できるとあれば、妙な謎とかも感じないので精神衛生上良いですよ。


ミニマリストは掃除もしやすい利点もある


最近だと、おかしなプロブロガーさん達の影響で悪者扱いされているミニマリストという価値観ですが、

モノが少ないと掃除機をかける時に本当に少ないので、

可能であればそうしたら良いです。

何事も本当に必要なモノなんて限られています。

すんなり掃除機をかけられたり、クイックルワイパーでさくっといけるならその方が断然良いじゃないですか。

ただ、僕の今住んでいる場所は残念ながら狭い所なのでミニマリストには限界があります。

この場合は仕方ないです。

所持するなら物ではなく、自分のお金や体力、持てる時間、人望の方がより多い方が良いですよね。

誰かに認められたいから、自分を誤魔化すために所持する何かモノを持つのであればやめましょう。

そんなモノはナンセンスです。

誰も幸せにはなりません。

ミニマリスト完全態にならなくとも、中途半端なミニマリスト、ハーフミニマリストや部分的ミニマリストであったっていいんです!

削れるモノは思い切って削りましょう。


総論-掃除は裏切らない!だそうです


意外に頭の体操にもなりますし、思わぬ副産物を得られるかもしれませんよ。


やったらやっただけ返ってくる、

自分の買い物、片付け、処分するパターンをやりながら認識出来る機会でもあります。


面倒な時も多々あるかと思いますが、

一見、損するとかしんどい、面倒だと感じる内容にこそ隠れている価値がある筈です。


時に損して得取れに近付く内容も珍しくありません。


気が向かれたら、ぜひどうぞ!



掃除は貴方を裏切りません。

猫も餌をくれる人を裏切りません(笑)

top

スポンサードリンク