NEXT SEA

生活観や今までの仕事、日常でふと感じたこと等を気の向くままに書いていきます。

お金を貸すと殺されるという噂

スポンサードリンク

僕たちが生きていく中でどの位のお金が正確に必要なのかは普段の買い物量や家賃を見てみたら分かる事が多いです。


ただ、今生きている時に自分以外の誰かと自分の生活圏や職場で関わらざるを得ないので一人で生きていく事は無理なんですね。


人間関係がどうしても発生するのですが、

連鎖的にお金のやり取りが関連してきて、時にお金の貸し借りまで出てきます。


僕は気になったブログ等を日々、web上で駆け巡りその人の記事の中で自分の実生活と何らかの接点を感じたら、

引用し自分の事と絡めて表現する(言及する)ことに最近よくやりますが、

今日もその一例となります。


一言でいうとお金とは借金とは信用だとか言われていても、、、、、


僕は、その正体は人間関係だと見ています。

f:id:kawabutanosato:20180326122416j:plain

実は小さい額とはいえ、色々貸してます(笑)


10年近く前に貸したアイス代やジュース代と書くとなんだか人間が小さいと言われそうですが、

それらを含めて、

数万円だとか前の職場の人(しかも先輩)に貸して未だに返ってきていないケースはあります。

その人と飲んでいる時に再婚したとそれとなく聞かされて、その場で祝儀も渡したのですが、、、、、(なりゆきでその場の飲み代も支払いましたが、財布を出す素振りなしw)

地味に色々と貸してきて返金率は割と低めです(笑)

しまいには、その数万円貸している人から貸しているお金の中から物を売ろうとしてきたので困惑しましたけども。

今まで四度ほど遠回しに催促してみましたが、

ここでは書けませんが、多少危険な背景のある人だったのとあまり自分が催促するのが好きではないこと、

金銭の貸し借りの時にある、暗い末路を知っていたので撤退した過去があります。

手違いでスマホデータがとんで完全に互いにアクセスができなくなりましたが、寧ろその方が良かったのかもしれません。

プライドの高い人だったのでその方が良かったと今でもそう信じています。


お金を貸すと殺されるかもしれない


あまり知人にお金を貸すと言ったことを経験していませんが、

時々ニュースを見ていてお金を貸すと危険だなーと覆うことはあります。

宝くじ当選に非常によく似ていて、共通点はお金を持った人が時に酷い目に遭うというわけです。

最悪、殺される。

大体、迷惑をかけられるのはお金を持っている方が現実なようです。

貸す段階でどこかで信用か、その人との間で何らかの人間関係があったのかもしれませんが、

くれてやるつもりでくれてやれという言い伝えが今でも色褪せないのは非常に見逃せない事実です。


また誰かのブログで気付いた


www.syacyokike.net
たまに読むどこかの社長さんのブログです。

今回はちゃんとお金が返ってきてハッピーエンドだったようですが、

僕は今までの経験から極力貸し借りは避けたいですね。

以前から具体的に記事として発表したいと心の中で感じていましたが、それが今日となりました。

まあ、ブログ記事になる、ネタになるという見方をすればありかもしれません。

また、ブログ主様がいうように催促する手段の一つとして、

共通の知人友人に、~がなかなかお金を返してくれないとかの噂を流すのも一つの有効な手段です。

これはマジで効きます。

ただ、恨まれてやられる時もあるため、力がないならやめておきましょう。

誠意のある、誠意を維持出来る人であればまずそもそもそう簡単にお金を借りなければならない状況になるとは思えませんが、

世の中には色々な人がいますね。


お金だけでなく物を借りる事でも、その人の人間性が分かる


お金に関する話題は皆、大好きなのでしょうけど、

本やDVD等のお金以外のモノの貸し借りでもその人のことがかなり見えてきます。

僕の場合は本を借りても大抵翌日に返しますね。

いつまでも借りていると相手に迷惑がかかるというのもありますが、

いつまでも自分が読まない、考えないからというのがありますので。

締切を作って対応しています。

貸している側は証拠を残さなくても、意外にちゃんと脳内に記憶しているものなんです。

面白いでしょう?

貸し借り両方経験した自分はそのことは人並みに理解しています。

貸した物が別の誰かに渡されていたとか、ズタズタになって返却されたとかのケースは経験しています。

その人達は今ではもう一切付き合いはないですけどね(笑)

自然消滅となりました。

どういう人生になっているか分からないですが、今自分が割と普通に生活出来ているので離れて良かったかなと。


総論


どうしてもそのお金を貸すだとか、保証人になる必要があるだとかの必要があるのなら、

その人が本当に大切な人だと認識出来ればしてあげた方が良いでしょう。


普段からの人間関係があっても裏切る人も居るので難しいところですが、

そこは自分の直感でやることですね。


理想的なのはお金や時間を使っても、自分の人生に影響が及ばない範囲で考えるということも大切です。


その時に相手がお金や負債、何らかのトラブルとどう向き合って行動しているかで現時点では答えは出ているのですから。




繰り返しますが、借金の正体は人間関係です。


これが全ての始まりなんですから。

top

スポンサードリンク