NEXT SEA

生活観や今までの仕事、日常でふと感じたこと等を気の向くままに書いていきます。

海上サラリーマンの弟が遂にアップを始めたようです。(ラインモバイル変更編)

スポンサードリンク

この時期は各大学や商船学校の就職が近付いているためか、

陸上勤務の彼もそれはそれはもう、全国を飛び回り全国の美味しいモノも食べつつ、

順調に体が肥えております。

彼の態度は僕よりでかいですが、それ以上に彼の体脂肪や体重も遥かに僕を上回っている筈です(笑)

さて、多くの船会社の陸上勤務となると東京がメインになるわけですが、

仕事が多忙なのと、体力が低下し太りやすくなるとのことで仕事以外の事を考え、実践することがかなり困難になります。

下手をすると学生よりバカになるかもしれません。

僕も激務だらけの時期を経験した事があるので、その点に関しては苦しみというか疲労の度合は察することが出来ます。

そう、スマホのキャリア変更を調べ、考え、実践することすら環境が整っていても困難になることも充分あり得るのです。

今日はそんな彼の話になります。

f:id:kawabutanosato:20180224132448j:plain

以前より彼に薦めていたラインモバイル

自分が2017の11月に自ら変更して使用していることから口頭でそれとなく伝えていました。

まあ、値段(僕のプランは月1,690円で税込みだと約2,000円です。)と、

SNSの多くがデータ量にカウントされない事実ですね。

単なる流行だから勧めたわけではないのです。

実際にはお金持ちほど格安スマホを所持している事実、ちょい調べて考えていけば、いければ、

実現出来る現実を伝えた迄です。

因みに彼の今のキャリアはau。

高いようでひいひい言っています。

彼がひいひい言うのは、会社か船内で奴隷の様に働かされながらひいひい言う方がまだ建設的だと思います。

僕が伝えたことがどうも脳内に引っ掛かっていたようで、関心を持ってくれていて良かったです。


彼が関心を持ったのは、UQよりラインモバイルだぞ!!

もうauは高すぎると激おこです。

ヤフモバもUQも同じような現状のようにも見えますね。(果たしてどうか)

どうも彼が言うには、UQだと二年で自動更新がなされて、

6Gから3Gに下がると聞いて嫌になったそうで。

simロック解除かsimフリースマホを入手して、縛りあろうが切り替えて元が取れそうとのことで変更するようです。

まあ、いずれにせよ都会に居る時に、土日に時間を確保しつつ気軽に行けるショップを確保出来ればまずは安心です。

エントリーパッケージを使用すれば無人で安く、自分だけで契約できますがショップの人と話すことも時には必要でしょう。


ラインモバイルの弱点

回線が弱いようですね。それくらいです。


ラインモバイルとはいえ、船員も掲載する情報には気を付けましょう(要警戒!)


自衛隊や警察官もLINE上に掲載する情報には警戒すべきですが、

外航の航海士や機関士達も例外ではありません。

会社内の機密情報は勿論、国との関わりやら技術や知識に関することが対象になります。

LINE上に乗せる情報とそうでない情報を常に選別することも重要ですね。

何より、ラインを運営している企業の国が何処かを把握することで自然とそちらへ考えがいくと思います。

このことはしつこく調べても決して損はしません。


船員は乗船中こそ、スマホの契約に気を付けるべき(特に外航)


いわずもがな長期乗船が理由になります。

大手外航海運や他の中堅外航海運、冷凍運搬船と半年以上乗船することは珍しくありません。(その分、給料とボーナスの積み重ねが半端ないですが。)

まあ、家族が代わりに更新やら行けたら良いのですけど、それは先方に確認するしかないですね。

乗船中に二年の月に解約、更新出来ないから損することを防ぎたければ、

最初の契約にこそ注意して長く契約し続けることこそが肝要になります。

例えば、ラインモバイルでその時だけ月に600円の契約にするとかですね。

IP電話にして今までの電話番号を捨ててしまえば、もっと費用が削減出来るかと思います。

僕の超希望では月に300円の使用料ですね(笑)

外航であれば、船から何処にいても日本とかにメールも送信できるのでそこも考慮したいところです。

やはり、お金がある人が節約したら無敵ですよ。

余った分は投資やらブログ書くとかで余計に稼げばいいのですから。


外航機関士の彼にも是非、ブログを書いてもらいたい


彼の立場上、困難なのかもしれませんが、

僕以上に現場に長く深く居てるので何か核心を突いた記事や内容を書けると見ています。

ただ、現段階だと多忙だの疲労だの難しいのであまり現実的な話ではありません。

WPでもはてなでもかなり中身のある、骨のある記事まみれになるのは必至です。

多少、お金になるだろうと認識すれば始めるやもしれませんが。



節約するのにリスクはありません(でも、所持する際の状況や年齢には注意が必要です。)


貧乏人が節約することは当然です。

そうしないと破綻するからです。

人間、ある程度のお金がないと精神的に落ち着かないという事実が証明しています。

お金がある程度ある人がそれなりに節約し出したらまあそれはそれは良いですよね。

勿論、使うべきところには使う事を前提にしています。

船員や出張が多い人こそ、格安スマホも相性が良いと思うので興味関心を持たれた方は是非。

既にある方は更にプランを削れないか検討するのも一考です。

あっ、余談ですが、

高校生以下の学生達はたとえ格安スマホでも持たない方が良いです。

この際、はっきり言いますが勉学や運動の邪魔になります。

もっと酷い言い方になりますが、バカがもっとバカになるだけです。

十中八九、恋愛絡みの使い方をしたらその時だけでしょうが中毒になります。

抜け出すことも容易ではありません。

便利さは危険性と表裏一体でもあります。

それでお子さんがおかしく成れば、親御さんの人生の足手纏いにもなるので、

所持する際のケアも必須です。

top

スポンサードリンク