NEXT SEA

生活観や今までの仕事、日常でふと感じたこと等を気の向くままに書いていきます。

意外と時間ってないんだなーと(でも、時間は誰に対しても平等です)

スポンサードリンク

22日から自分が仕事をしていた場所から少し移動して仕事が始まりました。


その前の21日は丸ごと、お休みをいただいたのですが、やはり意外と時間ってないんかなーと結構強く感じましたね。


今の仕事の時間帯と自分の体力との兼ね合いを考えると、

結構、時間と体力がカツカツなんやなと痛感します。


起きたのも昼近くだったので、その時点で一日の半分が終了しているわけです(笑)

f:id:kawabutanosato:20180223200133j:plain

中高時代は頼むから、早く過ぎ去れと時間に対して思っていました

家や学校での人間関係が最悪で、通学時間と距離が洒落に慣れない程度、自分が何をすべきかすら分からないとカオスでした。

最大の不幸は、何が自分を不愉快にさせているかという、不愉快の正体のかけらすら掴めない状況でした。

出口汪先生の言葉を借りると、「カオス」の状態だったという表現が適切です。

もう猿というか、動物でしたね。

正体不明の苦しみの中、時間が何故か早く過ぎ去れと考えるだけ。

今思うと完全に無駄遣いです、時間の。


時間よ、とまれ


今の自分の時代だと、筋トレにせよ、睡眠にせよ割と自分の自由と責任の範疇で色々とやり出したので、

体で時間の価値を理解するようになりました。

愚か者は経験から学ぶしかないです。

ようやく体で感じ始めてきたということでしょう。

なかなかジムに行けないとか、本を読む時間と体力が一致しないとかの苦しみを絶賛味わっております(笑)

でも、時間の価値を体で理解出来るステップは通過出来たのでそれはそれで気づきがあって良かったです。

価値を知らないと、扱いがぞんざいになるからです。

明らかに意識は変わりました。


時間を持て余した中高生、読書や勉強に打ち込もう


この事は嘗ての自分に対する遺言状みたいなモノです。

自分は自動的にスポーツばかりにベクトルを向けていましたが、

この時期は時間を持て余しているなら読書かなんらかの勉強をして脳のOSを強化する方が得策ですよ。

得する方が多いかと思います。

後々、論文やブログを書く際に間接的に役立つだろうし、

意外な所で自分を支えてくれる筈なんで。

必要あれば中高の学校を自分の生活、いや、人生から断捨離してしまっても良いかと思います。

別のルートで大学進学も実現可能だし、その時期の時間や体力こそ物凄く価値があるので。

理解ある親御さんが居てれば、更に加速するでしょうね。

今の自分であれば間違いなくそうします。

例え周囲が反対しようとも。

確信を持てば、行動はより鋭くなります。

状況より自分の状態のあり方が先なので。

そうすれば、後からお金やなんやらが付いてきます。


時間に対してシビアになるというのは、人と違う事を必要な時にすることでもある


というわけで、必要あれば学校に行かないという選択肢も出てきます(笑)

学校断捨離です。時に、人間関係の断捨離。

目に見えない断捨離ですね。

言語化すれば、行動の断捨離というか、そんな感じです。

たった一度きりの人生、主役は自分です。

何か文句言われれば、文句あっか?と問いかけられるくらいの強気の姿勢が誰にでも欲しい所です。

top

スポンサードリンク