NEXT SEA

生活観や今までの仕事、日常でふと感じたこと等を気の向くままに書いていきます。

虫歯にならないための生活習慣

スポンサードリンク

今年に入っていい加減に歯科検診と歯石取りのために新しい歯科医院を見つけないといけないので、

家からは少し遠いのですが、職場近くの所でお世話になり始めました。

当初の目的は歯科検診と歯石取りだけだったのですが、

あれよあれよの流れで左右両方の上の親知らずも除去することになり、今に至ります。

引っ越ししてから歯医者さんが変更になったわけですが、歯医者さん変えるとこういうこともあるんですね。

今回の件も含めて、

自分なりの快適に近付ける歯との付き合い方を書いていきます。
f:id:kawabutanosato:20180211130837j:plain

寝る直前にすることは「歯磨き」だけにしておく

当たり前なのですけど、中二の終わりに僕は左奥歯の神経をこれをしなかったがために、

潰してしまったのですね。

毎晩、歯磨きした後にチョコレートを食べてから寝る事を続けて居たらある日の国語の授業中に左奥歯から激痛が、、、、、、

アホな話なのですけど、本当なんです。

物凄く単純な事ですが、歯を磨いたらせいぜい口にするのは水かお茶だけにしましょう。(寝る前限定)



磨き残し対策

大まかにちゃんと磨いても歯ブラシのヒットしない箇所が必ず出てきます。

このような時はまた意識しながら優しく歯ブラシをヒットしていないであろう箇所へ磨けるように当てていきます。

基本的にこうするのが多いですね。

大体、ブラシが当たりにくい箇所も決まっている筈なので自分で推測してやっていってもいいでしょう。

先ずは大まかにちゃんと磨く。

これが第一歩です。



磨き残し対策(奥の手)

これは別の記事の何処かでも書いた記憶がありますが、

あまり褒められた内容ではないので、嫌な人はスルーして下さい。

まず、割と薄手のこの作業専用のタオルを用意してください。

あとは、該当箇所にタオルと自分の指を使って優しくこするのです。

ただこれだけです。

どうしてもちゃんと磨きたくても磨ききれないのは事実です。

というわけで、その箇所を補完するという意味合いでも「磨き残し対策」を考えることになります。


全ては虫歯を防ぐことが目標となっています。




歯磨きをするタイミングを考える(寝る前)

船員生活で特に痛感したのですが、人間あまりにも疲労が酷いとお風呂や歯磨きもやるのが非常に困難になってきます。

過去に知人、友人達を見ていてもあまりに疲れていたり、多忙であったために歯磨き出来なかった(しなかった)人は多かったです。

その結果、虫歯になりますが(笑)

というわけで、時間的に体力的に余裕がある時にちゃんと歯を磨いてから布団に向かうのが必要になります。



動ける時に、元気な時にちゃんと歯を磨くようにしましょう!



普段から甘いモノを控える

かつて知り合いで甘いものが大嫌いな兄弟がいてまして、

彼らはほんまに食事しか口にしていませんでした。

惰性でも欲でも甘いモノを口にすることなく過ごしていたので、彼らの歯と体はそれなりの仕上がりになっていました。

ただ、あの兄弟はちょっと特殊なので、

たまに甘いモノを口にする人向けに書きます。

ただ、甘いモノを口にする機会を減らすだけです。あと、昼間に口にするとかでしょうか。

コーヒーはブラックだけにするとかそういう対策もありです。

色々なパターンが考えられますが、口にする機会を減らすというのが考える基準になっていきます。



親知らずの除去

今回、新しい歯医者さんで気付いたのですが、

親知らずさんに退場して頂いたという件です。

担当の歯医者さんの提案で左右の上奥歯にある親知らずさんは旅に出ることになりました。

歯磨きをする際に歯ブラシが当たりにくい原因だそうです。

他には頭痛、肩こりの原因とまるで諸悪の根源みたいな存在だと。

というわけで今は上奥歯の親知らずはなく、すっきりしています。

僕の現段階の感触だと、

口をゆすぐ際に親知らずのがないためか水が非常にスムーズに移動して快適さが増しました。

明らかに以前と比較して快適さが異なります。

あとは、

今まで歯磨きの時に当たりにくかった箇所に当たるようになったことでしょうか。

抜歯して一週間以内は出血もそれなりにあり、

痛みも激しかったので不安が大きかったのですが、

徐々に歯茎の方も再生が進み親知らずがないのが常識になりつつあります。


心も体も徐々に慣れてきた感じです。


5月上旬にまた定期検診を考えていますが、

その際にもしかすると次回は下の親知らずを抜くかもしれません。

今は下の親知らずがある状態で様子を見ながら生活して日々考えています。


無意識に便利さを求めてしまうんですね(笑)




目が覚めて体力のある内に、元気な時に歯を磨こう!!


意外とやり出すと時間や手間がかかるのも理由です。


ただ、歯科検診や歯石取り以外の理由、

つまり虫歯治療のために通院するとそれなりの手間やお金がかかり誰も幸せになりません。


当たり前のことですが、まずはやる。


これが第一歩です。


歯磨きの中にも試行錯誤がちゃんとあります。


自分の中での勝ちパターンや上手い口のゆすぎ方、磨き方、スムーズな流れへの移行と何か発見がある筈です。


何か発見があれば、それはそれで自分の中でストックしておけばいいのです。




歯磨き総論


歯磨きをちゃんとして不潔さや虫歯を防ぐ、

コレ、当たり前じゃないんですよね。


多忙で疲れている人ほどハードルは跳ね上がりますし。


ただ、お金持ちの方はほぼ例外なく歯もちゃんとしています。


意識や知識があって色々やっているということなのでしょう。


歯のコンディションを見られて幻滅され、

恋愛に発展しなかった方も大勢居る筈です。


勿体ないですよ。


もしかすると就職活動も歯で失敗した人もいるかもしれないですし。


歯に気を遣う事は、自分自身に対して気を遣うと同時に、

自分と関わる周囲の人達にも気を遣うことになるのです。

top

スポンサードリンク