NEXT SEA

生活観や今までの仕事、日常でふと感じたこと等を気の向くままに書いていきます。

今の職場で気をつけていること

スポンサードリンク

今日は朝にブログを書けそうです。


昨日の記事は夕方過ぎで、どうもブログも頭を多少使うためか朝に落ち着いた状態で書いた方が良さそうですね。


思い浮かぶ内容、表に出す表現、棘の有無と案外自分の中の疲労度と書く時間帯にかなり左右されると思います。


夜は悪魔が支配する時間帯だともかつて聞きました。



なので、極力太陽が出ている間に書こうかと。


無理してブログ内容を検討しない、日常の中に転がる話題からさりげなく探してみる、表現に気を付けるを考えています。


Twitterもそうですよね。

f:id:kawabutanosato:20180116111358j:plain

さて、今の職場、入社して年を越しまもなく一年が経過しようとしています。


内容は単刀直入に言うと「レジャーホテル」の類です。


ここは「はてなブログ」の世界なので内容を抑えて書いていく予定です。


入社してはじめは一か月程度で消えるつもりでした。


まあ、副業との兼ね合いも考えての事ですが、去り方をどうするか毎日考えていましたね。


昨年の初夏辺り(懐かしい(笑))


気づけば平成の終わりまで来ていたということです。(苦笑)



今の職場で気を付けていること、、、、、、、、、


なんでしょうね?


仕事というとお金を儲ける、その仕事内容ができるが真っ先に目に向くと思うのですけど、、、、、、、、


今回の職場だとそれも勿論重要な要素なのですけど、案外それだけじゃないなあと色々見ていて思います。


その気づいた事を書いていけたらと今回の記事を思いつきました。


では、どうぞ!


遅刻、欠勤をしない

学生時代から当然のことなのですけど、

実は多いんじゃないのでしょうか?

あとは、遅刻しなくてもあまりにもギリギリだとか。この場合も似たような評価されて時にいわれます。

なんというか、仕事をする以前の問題なのですね。

自分の信用と一緒に動く周囲を不安にさせます。

事故とか明らかに気を付けていて、想定の範囲外の出来事が発生すれば仕方ないですけど、

それも普段からの信用という貯金を少し崩して周囲は理解する方へ向かう筈です。

そういう考え過ぎた考えの方が無難かと思います。

明日ちゃんと会社に来るかとかいちいち考えるのはおかしいでしょう?

当たり前のことは、当たり前じゃないのですね。



挨拶、多少の冗談の言える環境を


これも全ての職場に共通するであろうことです。

挨拶はもう、出来ない人は個人的にヤバいと思いますが、

更にその返事すら出来ない人も見たことがありますが、もうね、アレです。ダメです(笑)

僕の場合、そのまま今後はスルーかフェードアウトしていきますね。

他の方もやはりそんな感じだと思います。

多少の冗談とありますが、日常の何気ない雑談といいましょうか、

これは多分、仕事と仕事をつなげる橋みたいな存在になると思います。

あまりにも忙しいとかそういう時は話すには適さないのですが、職場での行動の選択肢の一つにはなり得ます。



話しかけやすい、相談しやすい雰囲気を


これは、前の項目にも多少似ていますが、書いた通りです。

特に誰だって楽しそうにしている人に近づいていきたいと思いますよね?

そんな感じです。

あと、良い人の周囲にはやがて良い人が集まると。

コミュニケーションコストの話題にも繋がります。

話しかけられる、相談される側がやがて逆の立場になったり、動く角度が変化することも事実なので雰囲気のメイクも大切にすべきです。
cybozushiki.cybozu.co.jp


部下が報告、相談しにくい状況だと、小さな傷口が放置しておくと穴埋め出来ないほど大きくなり、組織自体がダメージを受けることだってあるんです。

組織の大小に限らずですけど。

最悪の場合、大木ほど勢いよく倒れます。

雰囲気、気を付けたいですね。

雰囲気の信用も大切に。




グレーの仕事を大切に

とあるブログの内容を参考にさせて頂きました。

グレーの仕事とは?

一言でいうと、担当者不在の仕事と言いましょうか。

普通のオフィスだとコピー取りやコピー機や他の設備がおかしくなったとしてそのメンテナンスや状態の把握、

その辺のごみの片づけ、他、誰かが気づけば出来ればやっておいてくれると全員が実は楽できるという内容の仕事です。

時にこれを「雑用」ともいいます。

忙しくなったり、立場を気にする人は案外出来ないかもしれません。

ただ、個人的に立場がそれなりにある人がやればそれだけで周囲に自ずと見せつけるだけでかなり威力を発揮するようにも思えます。

する目的としては、すすんで何かをするだとか、周囲の流れを円滑にすることです。

この21世紀になって15年以上経過した御時世においても意外に難儀している職場は多そうです。

僕も気づいた限り、色々とするようにしていますが、見ている人はちゃんと見てくれている筈です。


プライベートでもオフィシャルでも、「グレーの仕事」は溢れています。


グレーの仕事を大切に。





体調管理は勿論、体力の有無と量にも注目を

ありがたいことにかなり動き回る職場ですので、実はこっちの方が疲れません。

ホワイトカラーのデスクワークの方が、特にやらされている感満々の動かない仕事でしたらまあ、大変でしょうね。

座っているだけだと体力が低下するだけなので。

歩いていると色々閃いたり、注意力も多少持てます。

体力も多少ついてきますので良いです。

プライベートでは私はジムに通っていますが、やはり体力養成の一環として認識しています。

体力と聞くと「バカ、脳筋の代名詞」みたいな偏見がありますが、

全ての勉強や仕事、会話等のベースになる「縁の下の力持ち」として役に立つのです。

可能であれば、体力を常に得られる環境に身をおきたいですね。

というわけで、恥ずかしからずに可能な限り体力を身につけましょう!!

恋人や配偶者を選択するうえでも、経済力と同様に「体力や体がある程度は丈夫」な要素は決して無視できない内容の筈です。

応用範囲が非常に広いのです。




女性にセクハラ、おかしな発言をしない(時にはその逆へも)


アタリマエです(笑)

する方がおかしいです。

というか、犯罪です(笑)

女性から下ネタの話題があればさり気なく無難な範囲で返事はします。

それが現状です。

職場は仕事をする所なので当然です。


さて、セクハラに関しては今の職場からとある女性から相談されたこともあります。

話の内容やセクハラもどきというか0.5歩手前のセクハラでしょうか。

あかんです。

あと、当事者をみていて思います、物凄く嫌がってますし、相手の事を大切に思うなら普通に仕事をしましょう。

こういうのはすぐに噂になりますし、また別の仕事をしている人にも迷惑をかけます。

とにかく誰も幸せにはならないので気を付けましょう。


今見かけている事象はこれからどうなるか要注目です。


気が向けばまたこの件は独立させてきじにするやもしれません。

自分はどうなるか大体知っているのでしませんし、せめてプライベートだけにしたいですよね。




笑顔やリアクションを自然体に

でしょうか?

つまり、その一例として「作り笑いや笑顔」をしないということです。

他の分野へも繋がりますが、作り笑いや作り笑顔をすると確実に自分が病みます。

これは、僕が思うに自分の心や人生に対する裏切りみたいなモノです。

すぐには悪影響が出ませんが、意外な所で自分の人生の中に風穴をあけることになります。

ありがたいこと、たのしいことで笑うのはありです。

何かをしてもらったらお礼を言うとそんな感じですね。

ごくありふれた日常の事全てに言えます。



職場の道にも自然体を。


ありのままで。


外面を偽るといずれ、自分自身の内面すら裏切ることになります。


適切なタイミングで適切な表情やリアクションがあればいいんです。



いつのまにかこのような当たり前の事柄すら難しい時代になってしまいましたね。

この事は、無理をしないという事にも繋がりますが、また別の機会に書くことにしましょう。






この記事の総論


ありのままで歩いて、且つ、周囲を見る、常に自分と関連付ける、雰囲気イケメンと雰囲気美人の設定、

縁の下の力持ちとしての自分の体力や体調、そしてお金、


なんだか仕事の専門性や具体的なコンテンツは二の次のような気もします(笑)



はじめに自分ありきです。



相手は自分の体調や態度を無意識に自分のスカウターで図って、それをベースにして接してきます。



相手の無礼を引き出さず、スムーズに仕事に手を付けられたら良いですね。



僕もこの点は毎日考えながら明日を迎えることにします。



では、さよならさよならさよならさよなら、、、、、、、、

top

スポンサードリンク